BLOGラグケアブログ
じゅうたん片付け方法・お勧めランキング!
2022年03月29日

こちら新潟市内は寒い冬を乗り越え、徐々に徐々に温かさが増してきました。待ちに待った春が近づくにつれ、じゅうたんを片付けようと思っている方も多いかと存じます。そこで本日はじゅうたんの片付け方をお勧めランキング形式でお伝えします。(私のお勧め順です)

まずその前に片付ける際は必ず【掃除機掛け(表裏両面)】を行ってください。髪の毛や食べかすが残っていると虫が寄ってくる要因にもなります。そして可能であれば外の空気にさらしてあげて【湿気を飛ばしてあげる】と尚良いです。秋になるとご相談で多いのが【カビ臭がする】です。湿ったままでの保管はご注意ください。

では、片付け方ランキングです。

 

第一位 片付けない!

いきなり申し訳ございません。片付けではありません。
じゅうたんにとって、広げて敷いてある状態が一番リラックスしていて負担がありません。且つ、敷いてあればたまに掃除機掛けもすると思いますし、人の流れがあれば空気の流れもありますので、虫が居つくことも少ないです。もし、どこかのお部屋に敷いておける場所があれば、それがベストです。

 

第二位 寝かせてあげる

人間もそうですが、寝てるときって気持ちいいですよね。じゅうたんも同じです。
ただ、これをするには条件があります。それは1~2ヶ月に一回くらいは広げて掃除機掛けをしてあげてください。
広げることで丸められていたじゅうたんも本来の姿になり、掃除機掛けで毛もほぐれリフレッシュもします。特にクローゼットに片付けておくと、虫が寄って来た時に誰にも邪魔されずに居ついてしまいます。たまに広げて防御をしてください。

 

第三位 立ちんぼ

寝かせるとなると場所も取りますので、クローゼットの壁に立てかけることがあるかと思います。恐らくこの方法で片付けていらっしゃる方が多いのかなと思います。片付けている間のお手入れは先ほど第二位でお伝えした内容と一緒ですが、そこにプラスでたまに上と下を入れ替えてあげるといいです。ようは立ちんぼですので、人間同様に足が痛んできます。全体重がじゅうたんの下部に掛かっているわけですからね。立ちんぼは、あまりオススメではありませんがじゅうたんに配慮をしたうえで片付けていただければよろしいかと思います。

 

ランク外 たたむ

一番コンパクトで場所も取らなさそうなので選択肢に挙がるかもしれませんが、数か月後に広げたときの折りジワが心配です。短時間や数日であればシワが付いても手櫛でほぐせることもあるかと思いますが、ずっとギューッて折られている状態ですと、ビローンと敷かれているのとは真逆ですから、できれば他の方法を選択された方がいいです。それでもこの選択肢しかない方は定期的に広げてリラックスさせてあげてください。

 

まとめ

じゅうたんの片付け方ランキング
第一位 片付けない!
第二位 寝かせてあげる
第三位 立ちんぼ
片付け方法やちょっとしたお手入れが虫を寄せ付けにくくし、カビ臭を発生させないコツであります。良い状態で長く使えるように参考にしていただければ幸いです。ただ、秋になって、じゅうたんを広げたところ何か異変を感じたらいつでもご相談くださいませ。